朝の散歩

2008/05/01
今日は何がやって来るのか
それともウヤなのか

朝の散歩に出掛ける

20080501.jpg


やって来たのは

原色凸
DD51 832

今日は日勤だったので
会社の帰りにも見ることが出来た
20:37 鉄道

五新線・五條新宮道路

2008/05/14
幻の線路

五新線

奈良県五條市と和歌山県新宮市を
結ぶ計画だった国鉄の鉄路で

未成線

です。

goshi_02.jpg

写真は平成9年3月に撮影した
五条市内に残る五新線の高架橋です

五新線の歴史は
1939年に線路の建設工事が
奈良県側で開始されました
1957年には五条~城戸間の
路盤が完成しています。
引き続き線路の建設工事は
城戸~阪本間で進められましたが
国鉄再建法施行により
1982年に工事が凍結されました。

現在は
五条~城戸間がバス専用道として
天辻峠を越える大塔天辻トンネルは
宇宙の謎を解明するための研究施設
「大阪大学大塔コスモ観測所」になっています。


平成9年3月に訪れた時の
五新線の写真です

goshin_03.jpg

写真はバス専用道路です


写真からすれば単なる
道路の交差点ですが
本来なら踏切となったところです
そのことを主張するかのごとく
踏切の遮断機が設置してありましたが
なぜか
遮断するのはバス専用道(線路)側になっていました

goshin_04.jpg

バス路線の終点 城戸です

goshin_08.jpg

列車ならぬバスが発車を待っています

本来ならここに
鉄道の駅である城戸駅が
出来ていました

この先の城戸~坂本間は
線路の路盤が完成した状態で
放置されています

goshin_09.jpg


goshin_10.jpg

宗川野の鉄橋です

手前の赤い橋は国道168号線です
これより国道は天辻越えに挑みます

五新線はこの天辻峠を
ループトンネルと天辻トンネルで
越える計画だったそうです
ループトンネルは建設されなかったようですが
天辻トンネル(5039m)は完成しています

goshin_06.jpg

五條側のトンネル入口です

goshin_07.jpg

新宮側のトンネル入り口です

こちら側は現在研究施設の
入口となっています

五新線の建設工事は
ここまででこの先
新宮までは幻の鉄道です


この鉄路・五新線に代わる唯一の交通機関が
奈良交通のバス路線

八木新宮線
「本宮いでゆライン」


です。

近鉄の大和八木駅から
五條市の五條バスセンターを経て
国道168号線で十津川村を通り抜け
新宮市に達する紀伊半島を縦断するバス路線です。

全区間の所要時間は6時間以上で
一般道を走るバス路線としては
全国でも屈指の走行時間と距離を誇っています。

このバス路線に乗ったことはありませんが
幻の鉄道・五新線を思い国道168号線を
マイカーで五條市から新宮市まで
走り抜けたことがあります。

前回の走行から約10年の歳月がたち
国道168号線の改良工事も進んで
各所で国道のバイバス道路である

地域高規格道路
五條新宮道路


が建設され一部区間ではありますが
開通しています。

この五條新宮道路
私は幻の鉄道・五新線が
現代によみがえったような
気がしてなりません。

なんだか無性に走りたくなり
4月末頃から計画を立ててきました

そして
今日14日
計画を実行してきました。

その模様は
つづきの道中記で報告します
23:59 R168・R169

五新線・五條新宮道路 道中記 前編

2008/05/15
五條新宮道路が無性に走りたくなり
地図上でバイバスの開通区間を確認し
所要時間を検討した上で走行計画を立て
あとは5月14日に計画を実行するだけと
なりました。

しかし
国道168号線で工事による

時間帯通行止め
区間通行止め(迂回路あり)


があることを知り
計画を再度立て直すことに!

時間帯通行止めをさけるために
自宅の出発時間を午前7時00分に決定。

そして14日当日
自宅を予定通り朝7時に出発しました

通勤時間帯で混雑する市内抜けて
奈良県へ向かうための最短コースである
国道166号線へ向かいます

国道166号線に出てからは
通勤で混雑する反対車線を横目に
一路奈良へ向けて166号線を進めます
やがて一回目の休憩場所である

道の駅
「飯高駅」


道の駅 飯高駅

に到着

ここから今回の計画が正規に
スタートします

時間調整をして道の駅を出発
国道166号線をひたすら奈良へ
向けて車を走らせます

飯高町波瀬を過ぎると高見峠越えです
ループ橋・オメガループと難所が続き

takami 001

約2.5kmの高見トンネルに入ります

takami 002

高見トンネルのほぼ中央で三重県から
奈良県東吉野村へ入ります

20080414_2319.jpg

東吉野村鷲家で国道166号線から離れて
県道16号線へ入り桜で有名な吉野へ向かいます

washiya.jpg

奈良県内の国道166号線は道路改良もされて
とても走りやすい道路でしたが
県道16号線は道幅も狭くてカーブも多い道路です

20080514_2322.jpg

吉野町国栖に入り今度は国道370号線を走ります
宮滝で国道169号線に合流してしばらく走ると
桜で有名な吉野山が近づいてきます
ここまでの所要時間は自宅を出てから2時間でした
予定通りに進んでいるようです

吉野町、大淀町と走り抜けて
五條市に入り国道24号線に出ます

国道24号線の市内の渋滞を
気にしていたのですが
すこし混雑していただけで
予定時間通りの2時間40分に
本陣交差点に到着することが出来ました

本陣交差点を左折して国道168号線へ入ります
左折せずに国道24号線を直進すれば
56kmで和歌山市に到着します

20080514_2327.jpg

国道168号線に入り
いよいよメインイベントの始まりです。

未成線の五新線を横目に見ながら
2車線の国道168号線を十津川村へ

城戸を過ぎ五新線の鉄橋をくぐると

goshin5008.jpg

やがて急峻な山道となり天辻越えです
急カーブが連続する峠道を登ると
約1.2kmの新天辻隧道です

「新」とついていますが
トンネルの開通は昭和34年だそうで
トンネル内は狭くて暗いトンネルです
観光バスや大型貨物との対向がないことを
願いながらトンネル内に入ります

トンネルを出ると休憩場所の道の駅に到着します
ここの

道の駅
「吉野路大塔」


の建物は
ちょっとユニークな形をしています
UFOをイメージしたものらしいです

20080514_2332.jpg

道の駅を出発して天辻峠を
これまた急カーブの連続で下り
阪本へ向かいます

sakamoto.jpg

ここ阪本から道路168号線は
未改良区間が多くなります

道幅が極端に狭くなり
さらにダム湖岸を走るために
クネクネ道となります
大型車が来れば対向も困難な道です
場所によっては
乗用車同士さえも対向出来ません
対向する場所とタイミングが合わないと
しばし長時間の立ち往生を余儀なくされます

心配していた大型車との対向もなく
旧大塔村辻堂へ到着

outou.jpg

「砂利運搬車両はこれより右へ折れ対岸道路を通行して下さい」

との横断幕が眼に入ると道路は二股に分かれます
右側の河原へ降りて行く広い道が県道の対岸道路で
左側の山へ続く狭い道が国道168号線です

しかし国道はこの先工事中のため通行止め
対岸の迂回路である県道へ誘導されてしまいました

この先の工事中の場所が
平成16年8月に発生した地滑りの現場です
地滑りの瞬間を監視カメラがとらえていたので
その映像がNHKのニュースで全国に流れました

国道168号線地すべり映像

そのニュースをはじめて見たときは
国道168号線と気づかなかったので
ただ単に「すごいなー」という感想でした
国道168号線と知って
2度ビックリしたのを覚えています

その災害復旧工事が今年の3月に完成し
3月18日に開通したばかりでした
地すべりにより崩落した場所に
新しい橋が完成しています



20080514_2336.jpg

しかし
この5月12日から30日までの間
またもや工事のため通行止め!

迂回路から国道に戻り
この後もしばらくは
狭い国道168号線を走ります

長殿の集落では強烈に道幅が
狭まり対向車とすれ違うことが
困難になります

大型車とも乗用車とも
長殿の集落で
対向することもなく走りぬけ
今回の目的の1つでもある

五條新宮道路
宇宮原バイパス


に到着しました

このバイパスが開通したおかげで
強烈に道幅の狭い区間の1つである
田長瀬の区間を走らなくて良くなりました

バイパス道路を快適に走行したあとは
またもや道幅の狭い国道を走ることになります

途中の上野地には十津川村屈指の観光地

谷瀬の吊り橋

がありますが
国道168号線はバイパスのトンネルで
一気に集落の下を抜けるために
吊り橋へ行くには旧国道へ
まわらなければなりません。

バイパスはトンネル区間だけで
再び狭くなり風谷ダム湖岸を
クネクネと走ります
やがて風屋のダムを過ぎて

20080514_2342.jpg

十津川村野尻の
電源開発の水路橋をくぐります

20080514_2344.jpg

20080514_2347.jpg

ここから国道168号線は
2車線の立派な道となります

快適なドライブとなり
十津川村役場の隣にある

道の駅
「十津川郷」


に到着します

20080514_2353.jpg

部分的に開通した
五條新宮道路のおかげで
予定時刻よりも15分ほど
早く到着しました
到着時間は11時30分でした

この道の駅で
長時間の休憩をとります
また
この先の工事による交通規制の
情報も手に入れました
工事現場まではここから車で
5分ほどで到着するそうです
現在の時間は工事中で通行できないはずです
このあと通行規制が解除されて
通行できる時間帯は

12:10~13:30

ですので
道の駅の出発を
12時5分ごろに決めました
それまではここで
のんびり体を休めることにします


この先
十津川村から新宮までの道中記は
後編で紹介します
23:59 R168・R169

パソコンの買い替え

2008/05/18
購入して6年目の
ノートパソコン

Dyna Book

20080518.jpg

去年の6月に
ハードディスクが壊れて
ディスクを交換して
使用していたが

今度は!

液晶のバックライトが
つかなくなり
画面が真っ暗に

パソコン自体は
立ち上がっているのだけど
バックライトが消えているので
操作も何もできない

家電量販店に電話で
修理費を尋ねてみると
液晶画面を丸ごと取り換えに
なるので結構な金額になるらしい

こうなれば
いっそう新しいパソコンを購入しようと
お偉方さんに相談することに

壊れたノートパソコンは
購入当時24万円もしたが
今度購入する
パソコンは約半分の金額で
購入できると説き伏せて
許可をいただく

ノートパソコンは
持ち運びができて
便利なのだが
グラフィック系が弱いため
3Dのゲームを楽しむには
少し難点がある

なんとか
鉄道模型シミュレータは
動作してくれているが
それでもデータが大きくなると
固まってしまった

こんな環境から
パソコンの買い替えは

スペック重視
価格重視

ということで
デスクトップを
購入することにして
家電量販店へ

店頭でいろいろ下見して
購入したのはこのパソコン

Gateway FX7028j

プロセッサーは
インテル core TM 2 Quad
メモリは3GB
グラフィックボードは
NVIDIA GeForce 8800GT オーバークロック仕様

液晶ディスプレイは

Dinner TEW200GDR
20型ワイド液晶ディスプレイ



23:08 パソコン ・ ソフト

五新線・五條新宮道路 道中記 後編

2008/05/27
道の駅
「十津川郷」


到着予定時刻は
11時45分ごろでしたが
予定時刻よりも15分ほど早い
11時30分に到着しました

この先
車で5分ほど走ったところで
国道168号線は道路工事による
通行時間規制のため
今現在の時間帯は通り抜けが
出来ません
このあと通行止めが解除されて
通行できる時間帯は

12:10~13:30

です

よって道の駅の出発を
12時5分ごろと決めました
それまで35分ほど
ここで休憩になります
売店などで時間をつぶします

11時55分になりました
少し早いのですが
工事現場まで5分以上は
かかるだろうと考えて
道の駅を出発しました

5分ほど走って滝の集落を抜けると
前方に通行止め解除を待つ車の車列が!

20080515_2359.jpg

本当に5分で工事現場につきました
通行止め解除まであと10分もあります
しかたがないので車のエンジンを止めて
動き出すのを待ちます

12時10分
対向側の車がやってきました
通行止めが解除されたようです
対向側の車の通過を待って
12時12分
ようやく動き出しました

これから先
折立の集落まで国道168号線は
切り立った崖にしがみつくように
クネクネと曲がった狭路となります

折立を過ぎると道幅は少し広くなり
点在する民家の中を走りますが
見通しの悪いカーブ道が続きます
やがて十津川温泉に到着

以前からここを訪れると
トイレ休憩をかねて
利用するお店があります
今回もこのお店を
利用するつもりでしたが
お店は閉まっていました

車を停車させることなく
お店の前を通過したので
定休日だったのか
はたまた閉店したのか
わからないままと
なってしまいました

バスセンターを通過すると
十津川温泉に別れを告げ
いよいよ果無(はてなし)越えになります

櫟砂古を過ぎたあたりから
どんどんと急な登り坂になります
道路は2車線となっていますが
カーブのきついクネクネ道です

果無隧道と桑畑隧道を超えると
今度は奈良県と和歌山県の県境に
向けて一気に下り坂になります

いくどものカーブを曲がったすえに
第3の目的地である

五條新宮道路(十津川道路)
七色高架橋


20080514_2363.jpg

が見えてきました

五條新宮道路のうち
十津川村七色~小原間は
十津川道路と呼称するそうです

この七色高架橋が今回
一番訪れたかった場所でもあります

さらに下り坂のカーブ道を進んでいくと
突如大きな滝が姿を現します
十二滝といわれる滝で隠れた観光スポットです

20080514_2366.jpg

滝を見てすぐに
七色高架橋に到着します

旧国道はクネクネと山肌の地形を
忠実にたどりながら県境を目指しますが
七色高架橋は一直線に県境へと続いています

20080514_2367.jpg

十津川道路・七色高架橋は
1号橋から7号橋の7つの橋からなる
連続高架橋で全橋長は約1700mです
平成8年度から工事に着手し
平成17年3月に和歌山県境で接続している
本宮道路・土河屋トンネルとともに開通しました

この七色高架橋の特色は
豊かな自然に調和するように
景観を検討して設計をした
多径間連続PC箱桁橋の美しさです

20080514_2369.jpg

高架橋1.7kmのドライブを楽しんだのち
県境を越えて和歌山県に入り土河屋トンネルへ
トンネルを越えて旧国道に合流し

道の駅
「奥熊野古道ほんぐう」


20080514_2371.jpg

に到着です

ここで昼ご飯にします
芝生広場で熊野川を見ながら
お弁当を食べました

20080514_2373.jpg

昼食後
もう一度七色高架橋を
走りたくて1往復してきました

道の駅に戻り休憩をとります
お土産にここでしか手に入らない

那智飴

を購入し
これまたここでしか飲めない

じゃばらジュース

20080514_2375.jpg

を飲みました

13時42分
道の駅を出発し
熊野大社の横を通過

次の目的地
大津荷~敷屋~宮井間の
バイバス道(トンネル)へ
向かいます

国道168号線は
和歌山県に入ってからは
2車線の広い道ですが
ここ大津荷と敷屋のあいだは
熊野川と山にはさまれて
狭く曲がりくねった道です
しかも交通量も多いため
バイパスのトンネル工事が
行なわれていました

そのバイパス道の
二ツ石トンネルと敷屋トンネルを
一気に走り抜けます

瀞峡へのウォータージェット船の
乗り場がある志古を過ぎ

道の駅
「瀞峡街道」


に到着しました

20080514_2378.jpg

今回訪れた道の駅の中でも
ここは売店のない道の駅で
駐車場とトイレしかありません
お隣に立派なお店が立っていますが

20080514_2377.jpg

道の駅の施設ではないようです
駐車場から熊野川に下りるスロープが
あったので熊野川を見に行きました

20080514_2381.jpg

最後の目的地
高田雲取温泉へ

ここも温泉へ向かう道が
狭かったのですが
トンネルが開通して
走りやすくなっていました

日帰り入浴は400円です
乳白色の温泉です

はるばるやって来たのですが
温泉にも入らずに
国道168号線にトンボ帰りです

国道にもどり新宮の市街を目指します
熊野川に沿って山肌を縫うように
クネクネと走ると越路隧道です
トンネルを越えると目の前の
世界が一変します

渓谷の世界から
にぎやかな街中に!
いままでの大自然が
嘘のようです

劇的な展開で
一気に新宮市内の
ど真ん中に到着し
国道42号線との
交差点にたどり着きました

これで
奈良県五條市から
走り抜けてきた
国道168号線とも
お別れです

このあとは
国道42号線を
約3時間かけて
北上します

次の休憩場所である

道の駅
紀宝町ウミガメ公園


20080514_2393.jpg

に到着

ここにはウミガメの
飼育プールがあり
ウミガメを見ることができます

20080514_2400.jpg

20080514_2396.jpg

飼育プール前の遊具も

20080514_2401.jpg

うみがめです

この道の駅の到着で
メインイベントは終了します

15時20分ごろ
道の駅を出発

熊野市の

名勝
獅子岩


20080514_2408.jpg

を見て熊野市内を走り抜け
国道42号線は矢ノ川越えになります

この後は

道の駅
熊野きのくに

道の駅
海山


で休憩をとり
国道42号線をひたすら走り
馬越峠・荷坂峠と
二つの峠を越えて

自宅に
18時30分ごろ
到着しました

所要時間11時間30分
走行距離約420km


五新線・五條新宮道路の
ドライブ計画がここに終了しました
23:03 R168・R169

朝ラッシュ

2008/05/30
すっかり忘れていました

今日
高校総体でした

会場となる陸上競技場が
通勤経路の途中にあるため
朝の電車は大賑わい

いつもは

4両編成

の電車が今日は

6両編成!

しかも終着駅での折り返し運用の
関係から逆組成の編成で

VC66+X18

でした

いつもの通勤・通学に加えて
県内の高校生がどっと乗り込み
各車両のドアは人でいっぱい

電車に乗りたくても満員で
危うくホームに取り残されるところでした
空いている扉を探して何とか乗り込みましたが
陸上競技場のある最寄り駅まで
ギュウギュウ詰めで身動きがとれませんでした

この土日は出勤と高校総体が重なっているので
あしたは車で出勤することにします
22:10 仕事
 | HOME |