シン ・ 金魚日記 _ 05

2016/10/02
前回の水槽の水替えから
2日しか経ってませんが ・ ・ ・

金魚をもう1匹
増やしたかったので
購入してきました

ちょっと前から居る
2匹の金魚のストレスが
増えるであろうことが
少し心配ですが ・ ・ ・

新参者と水替えによる
ストレスのダブルパンチ!




20161002_002.jpg

新参者! 更紗琉金 (さらさ りゅうきん)
コメリのペットショップにて購入です

前回
新仔 ( 小赤 ) を買ったあのお店です

あの時の新仔は
約1週間ぐらいで
いなくなってしまいました


さてさて今回は
ちゃんと水槽で展示されていた
更紗琉金です

帰宅後はセオリーどおり
水温合わせです

写真のように水槽に
お店から持ち帰った袋を入れて
袋の中の水温と水槽の水温を
約40分ほどかけて合わせました

袋の水の水温 = 26 ℃
水槽水の水温 = 28 ℃

だいたい同じ温度になったので
水合わせ (水質合わせ) をして
金魚を水槽へ移す準備をします

袋の中の水を少しバケツへ捨てて
同じ量の水槽の水を袋に入れ
約10分ほど金魚を水に慣れさせます

ここで!
水質検査薬 (pH 試薬 ) を
思いだしたので
ペットショップからの袋の水を
検査してみることにしました

水合わせを円滑に進めるために
データを取ってみるのも
ありかなと思って ・ ・ ・

20161002_007.jpg

アースチェック試薬 pH値 = 4.0~4.5

なっ! なっ! な・ん・と !
おもいっきり酸性なんですけど
それも危険値?

測定してよかったです
ちょっと丁寧に水合わせを
おこないたいと思います

約100分かけて
(これでも短いかも?)
水合わせをおこない
最終的に袋の中の水質は

20161002_008.jpg

アースチェック試薬 pH値 = 6.5

ここまで水質を合わせ
金魚の様子も落ち着いていると
思われるため水槽へ移しました

20161002_013.jpg

多少? 上へ下への泳ぎが
気になりますが
激しく ( 勢いよく ) 泳ぐことは
今のところないようです

しばらく様子を
見ていきたいと思います


ちなみに

前回の新仔の件は
pHショックも原因のひとつ?

お店の水があんなに
酸性だったとは
夢にも思わなかった
水合わせも30分ぐらいしか
やらなかったし ・ ・ ・


落款印000
20:00 アクアリウム

シン ・ 金魚日記 _ 05.5

2016/10/08
コンビニでこれを
飼ってきました ・ ・ ・ !

あっ、
変換間違い!

飼って 」 じゃなくて

買ってきました


20161008_003.jpg

サントリー 南アルプスの天然水

ネットでいろいろと
水道水や天然水のpH値を
調べていたら
なんと
この商品 「 南アルプスの天然水 」 が
pH値 7.0 であることが分かりました

商品ラベルを確認すると
「 pH値 約7.0 」 との表示が!

とりあえず 7.0 として
あの試薬のpH値基準液として
試験してみたいと思います

まずはアースチェック液から

20161008_006.jpg

黄色っぽいかな?
でも pH値 6.0 の色でもなさそう

20161008_007.jpg

pH値 6.5 に近いような気もする

ということで
誤差は -1.0 ~ -0.5 と言った
ところでしょうか

次に
テトラテスト ペーハートロピカル試薬です

20161008_010.jpg

おぉ ~~!
pH値 7.0 の色にドンピシャ!

こちらは誤差なしですか
さすがはアクアリウム用の試薬
しかもドイツ製
値段がはるものうなずけます!


あっ、そうそう
残りの天然水は
おいしくいただきました


落款印000
13:00 アクアリウム

シン ・ 金魚日記 _ 06

2016/10/08
心配していたことが
起こっちゃいました ・ ・ ・

更紗琉金がやってきて
約1週間が経ちました

20161008.jpg

あとからやってきた更紗琉金
( 写真 : 右の紅白の金魚 )

先住の金魚から
いじめられるどころか
その逆でした ・ ・ ・

心配していたとおり
前からいた金魚のうちの一匹が
更紗琉金に追い回されて
ストレスから衰弱してしまいました

20161008_0017.jpg

元気だったころの
赤琉金

衰弱して水槽の底で
動かなかったので
今日、塩水浴へ

塩水浴を始めて
数時間後 ・ ・ ・

様子を見に行くと
死んでしまいました
ショックです

元気になって欲しくて
塩水浴を開始した直後だったのに

塩水浴をしたことが
裏目になったのか
それとも
何か悪いところがあったのか
何が良くなかったのか
死んでしまった理由が
わかりません


落款印000
21:33 アクアリウム

今年もミカンを ! 第2便

2016/10/13
今年も
ミカンの季節が
やってきました

みかん

前回の9月23日に続いて
みかん購入ドライブ

第2便です



みかんドライブ_01

今回の第2便ですが
チャーターしたのは
ミカン列車ではなくて
こちらの方々が助っ人 !

20161013_011.jpg

運送をお任せ !
(あっ ! これは個人のイメージ ・ 妄想ですから)


今日は夜勤明けで
午前中は居残りの残業
打ち合わせ会議終了後
会社を13時前に退社して
そのまま熊野へ !

高速代を少しでも
浮かしたかったので
こちらから高速へ

20161013_001.jpg

隣町のインターから
高速へ上がります

紀伊長島 IC まで走れば
時間短縮になりますが ・ ・ ・
高速代も馬鹿に出来ないので
勢和多気 IC から
国道42号線を南下します

紀伊長島 IC からは
無料区間なので紀勢道へ

20161013_012.jpg

途中の紀北PA 「 始神テラス 」 で休憩
遅めの昼食をとります
昼食と言っても
もう14時なので
売店でサンマ寿司を買って
車中でいただきました

熊野尾鷲道路を通り
熊野へ

今日は天気も良かったので
久しぶりに神志山で
ヤツにも会えました

20161013_017.jpg

熊野のトトロです
(写真の赤丸のところです)

走行しているうちに
お目当ての
「 道の駅 ウミガメ公園 」 に到着です

20161013_013.jpg

いつもと変わらぬたたずまい
そして
いつもと同じようにミカンを購入

20161013_009.jpg

5kg 入りを2袋

こちらもいつもと同じく !

20161013_014.jpg

じゃばらドリンク

さて
現在の時刻は16時
目的も果たしたので帰ります
国道42号線を北上します


帰り道ですが ・ ・ ・
いつも真横を
素通りしてばかりで ・ ・ ・

少し前から気になりだしていたので
今回はちゃんと参拝してから
帰ろうと考えていました

20161013_003.jpg

花窟神社 ( はなのいわや ) へ参拝します

駐車場は 茶屋 「花の岩屋」 の前にあります

20161013_016.jpg

茶屋 「花の岩屋」 です

お土産物の販売のほか
休憩所 ・ トイレがあります

20161013_015.jpg

花窟神社に参拝します

花窟神社は
日本書記にも登場する
日本最古の神社と言われています
「 いざなみのみこと 」 と
「 かぐつちのみこと 」 を祀っています
社殿はなくご神体の巨石があり
巨石の前に祭壇が設けられています

参拝時間が16時ごろまで
ということだったので
ギリギリで参拝できました

20161013_010.jpg

じゃばらまる

参拝後に 茶屋 「花の岩屋」 で購入しました

神社の参拝も済んだので
国道42号線を北上
熊野尾鷲道路を通り
尾鷲北 IC から紀勢道へ

20161013_004.jpg

紀伊長島 IC

ここで無料区間は終了
いつもはここで
高速を降りるのですが
今日は時間も時間なので
少しだけ紀勢道 (有料区間) を

20161013_005.jpg

荷坂峠を快適に通過中 !

クネクネした峠道ではないので
高速走行で快適ドライブです

あっという間に
荷坂峠を越えました

20161013_006.jpg

大紀本線料金所

料金所を通過して
約20秒ほどで

20161013_007.jpg

紀勢大内山 IC 出口です

20161013_008.jpg

料金所です
紀伊長島 IC ~ 紀勢大内山 IC 間
料金は440円

お金さえ払えば荷坂の峠道も
なんて楽ちんに越えることが
出来るのだろう

もう少しお安ければ
もっといいのだけれども
そうすれば利用回数も増えるかな

この後は
高速代を浮かすために
国道42号線をひたすら
北上します


落款印000
23:59 一人ドライブ

今日のお昼ご飯

2016/10/14
今日のお昼ご飯
一人でご飯 !


なんてつコック9

今日のお昼は何食べよう ??

って ! 

今日は金曜日だった !

ということで

金曜日はカレーの日


コレいただきました

20161014_019.jpg

カレーきしめん
生野菜サラダ と イカ下足天ぷら


落款印000
14:00 一人ご飯・お昼ご飯

緊急 ! 歯医者へ

2016/10/18
緊急事態発生です!?

お昼ご飯の
モチモチしたパンを
食べていると
なんだか
口の中で違和感が!

またまた
歯の詰め物でも取れたか?

そう思って
かたい異物を
口の中から出してみると ・ ・ ・ ?

詰め物ではなくて
銀歯だった!

かれこれ6年前の
2010年10月に治療した
神経を抜いた奥歯だった

どうも
パンを食べている途中で
折損したみたいだ!

運がいいのか?
悪いのか?
今日は日勤なので
歯医者へ TEL して
会社の帰りに歯医者に
寄ることとtこととなった

18時15分に
歯医者に到着したが
予約の人の診察が済むまで
しばし待合室で待つ

歯医者_0624

18時50分になり
ようやく診察へ

治療方法は残っている
歯根に土台を作り
かぶせもの ( クラウン ) を
取り付けるということになりました

これから当分の間
通院しなければなりません
23:59 歯の治療

今日のお昼ご飯

2016/10/19
今日のお昼ご飯
一人でご飯 !

さてさて
今日は何 ? 食べようかな

そうだ !
ヘルプのコックに
今日のメニューを任せよう !


なんてつコック ヘルプ

ヘルプのコック


今日は水曜日


ということで
またまたマイ ・ ルールを決めました


水曜日は 「 お魚 ・ お寿司 」 の日


ヘルプのコックさん
そう言うことでよろしく ~ ~ ~



20161019_06.jpg

巻き寿司 と さんまの刺身


お手軽だね ー ー っ !


まぁ ~ ね
ルールがルールだから
寿司とお魚 ( 刺身 )


落款印000
13:30 一人ご飯・お昼ご飯

ニューパワー

2016/10/23
今度の模型運転会に備えて
新しいパワーを手に入れました

いつものWebショップ店が
鉄道の日にちなんで
安売りをしていたので
思わず購入してしまいました

20161023_001.jpg

KATO 製 パワーパック ハイパー DX

鉄道模型において
車両を走らせるための
電源コントローラーです
KATO 製は 「 パワーパック 」 と呼ばれています

大容量のパワーパックが
欲しかったので購入しました

20161023_002.jpg

出力は2Aでメインとサブの
2系統があります
出力が2系統あるというのも
購入した理由の一つです


さてさて
こちらは ↓ ↓

20161023_003.jpg


20161023_004.jpg

KATO 製 パワーパック スタンダード

今、メインで使っている
電源コントローラーです
出力は1系統で容量は0.7Aです

KATO 製のパワーパックは
この2つのみ所有しています

他には
もう一方の大鉄道模型メーカーである
Tomix 製の電源コントローラー
「 パワーユニット 」 を持っています

始めて鉄道模型を始めたときに
手にした模型メーカーが
Tomix だったので
このコントローラーから始まりました

20161023_005.jpg


20161023_006.jpg

Tomix 製 ニューパワーユニット

可変抵抗器を使用したレオスタット式の
電源コントローラーで
つまみを左右に回すだけで
前後進の切り替えと
速度調整が出来るコントローラーです

出力は0.3Aです
電圧制御を抵抗値だけで
行っているので
車両が突然飛び出すように
動くのが少し欠点です

というので
今は改造して
スロー発進が出来るようにしました

20161023_007.jpg

改造後のニューパワーユニットです

制御方式をトランジスター制御に変更し
前後進用のスナップスイッチを
取り付けてあります

20161023_009.jpg

側面には放熱用の
穴をあけてあります

20161023_008.jpg

背面の出力端子はそのままです
緑がアクセサリー用の電源
茶が車両走行用の電源です


さて次は

20161023_010.jpg


20161023_011.jpg

Tomix 製 DX パワーユニット

始めて手にした
ニューパワーユニットの出力が0.3Aで
しかも飛び出すような発車だったことで
新たに手にした2台目の電源コントローラーです
出力は0.7Aに増強されています
電圧制御はトランジスタ方式となり
スロー運転が出来るようになりました

20161023_012.jpg

背面の出力端子は
ニューパワーユニットと同じです

そしてさらに
Tomix 製の電源コントローラーとして
こちらも購入しました

20161023_020.jpg


20161023_021.jpg

Tomix 製 トランジスターコントローラーUD-1

これだけでは車両を
動かすことはできません

20161023_022.jpg

写真右側の電源ユニットが必要です
出力は0.6Aです
出力は2系統あります

このコントローラーの特徴は
ワンハンドルの運転台を模しており
加速位置にハンドルを合わせると自動で加速し
減速位置で減速するといった物です
鉄道模型でありながら
実際の電車の運転を疑似体験できる
コントローラーとなっています

Tomix 製のパワーユニットとして
最近購入した物として

20161023_041.jpg

Tomix 製 パワーユニットES
出力は0.5A

きかんしゃトーマスのセットに
ついていたパワーユニットです

初代のニューパワーユニットに変わり
車両の保守点検用に使うために購入しました

Tomix のレールシステムが一部変更となり
レールへの電源供給コードの形状が
変更となったために新しいパワーユニットが
必要になったからです


20161023_030.jpg

レールとセットのパワーユニット N-400

20161023_031.jpg

こちらも同じく
供給用コードの変更のため
購入したパワーユニットです

このパワーユニットは
ポイントの切り替え用のスイッチが
2個内蔵しているのが特徴です

卓上で遊べる小形レイアウト用の
専用パワーユニットとして購入しましたが
肝心のレイアウトをまだ制作していません

Tomix 製の電源供給コードの
形状変更がおこなわれてからは
旧製品のTomix製パワーユニットが
そのままでは使えなくなりました
そのため
新しいコードを加工する必要があります

しかしながら
電源供給コードの単価が結構いい値段なので
加工するのにちゅうちょします
どうせ加工するなら
安いKATO製のコードを使用して
KATO製のパワーパックで
Tomix製のレールへ給電できるように
すればいいということで
最近はKATO製のパワーパックが
主力となっています


落款印000
18:49 模型

前進あるのみ

2016/10/27
久しぶりに !
1人でドライブです


voxy.jpg

いつものことですが ・ ・ ・
夜勤明けです

無性に
五條新宮道路を走りたくなりました
なにせ
前回訪れてから(走ってから)
8年の月日がたっていますから

その間に
道路の改良工事も進み
新たなバイバスも出来ました

と言うことで ・ ・ ・ !

ナビゲーターをこいつらに

 ↓   ↓

20161027_011.jpg

ダンボーとお猿さんって ??

すみません!
あくまでも「なんてつ」のイメージです
実際にこいつらは連れて行ってません
しかも
こいつらにナビは出来ません

そもそも
一人ドライブですから
ナビゲーターはいません

走り慣れた道
そして ! !


「 私、迷ったりしないので ! 」



さてさて
どこかで聞いたようなセリフですが
気を取り直して ・ ・ ・


旅のはじめはここから

道の駅 飯高駅

道の駅 飯高駅


ここから奈良県五條市にある
第一目的地である
五條本陣交差点を
目指します

国道166号線を西へ
県境の高見峠を越えて
奈良県へ

20161027_001.jpg

東吉野村 鷺家

東吉野村鷲家からは
国道166号線を離れて
奈良県道16号線へ
写真の交差点を
左折します

20161027_002.jpg

鷲家の街を抜けて
奈良県五条市を目指します

20161027_003.jpg

ひたすら山間の
奈良県道16号線を進みます

20161027_004 新子

吉野町新子です

道の駅 飯高駅から
約1時間がたってます

新子の集落をとおり
この先で国道370号線と
合流します

20161027_005 矢冶

吉野町矢冶

矢治の集落で吉野川を渡り
対岸の樫尾へ
そして国道169号線を走ります

20161027_005.jpg

吉野川沿いに国道を走ります

20161027_007.jpg

吉野大橋北詰交差点です
左折して吉野大橋を渡ると
桜で有名な吉野山です

大淀町土田からは
再び国道370号線を
走ります

20161027_008 岡崎

大淀町岡崎交差点

右折すると近鉄下市口駅
左折すると天川村 ・ みたらい渓谷です

みたらい渓谷は
これからの季節
紅葉が見事です

このまま国道370号線を走り
五條市へ入ります

20161027_009 三在

三在交差点です

この交差点からは
国道24号線を走ります

道の駅 飯高駅から
約1時間40分が過ぎています
ようやく第一目的地の
五條本陣交差点が近づいてきました

20161027_010 本陣

まもなく本陣交差点 !


いよいよ
五條市街地にある
交差点の一つである
本陣交差点です

この交差点を左折して
国道168号線へ

いよいよ
五條新宮道路!
最終目的地
和歌山県新宮市を目指す
ドライブが始まります



落款印000
23:59 R168・R169

五條新宮道路 in 2016 前編

2016/10/28
五條新宮道路が
無性に走りたくなったので
走ってきました

前進あるのみ !

前回のブログの続きです

五條新宮道路は
国道168号線のバイパスで
地域高規格道路になります

2008年5月のブログで
紹介した幻の鉄道 「 五新線 」 と
この五條新宮道路が重なり
気になっている道路でもあります

goshin_09.jpg

未成線の五新線

五新線を思いながら
始めて国道168号線を走ってから
約18年の歳月が流れました

新たなバイパスも完成したことから
今回も幻の鉄道 「 五新線 」 を思いながら
五條から新宮へ走り抜けます


20161027_010 本陣

五條市 本陣交差点です

ここから
和歌山県新宮への旅 が
始まります

20161027_100.jpg

道路案内標識です
最終目的地
和歌山県新宮の
地名が載ってます

20161027_101.jpg

左折して国道168号線へ
第二目的地の
道の駅 十津川郷 を目指します

20161027_102.jpg

国道168号線に入りました
気分が高まります

20161027_103.jpg

幻の鉄道 五新線の遺構と交差します
(写真の赤丸部分)

この後
国道と五新線は
阪本まで並走しています

20161027_104.jpg

五條市城戸です

この写真の場所ですが ・ ・ ・
8年前に訪れたときは確か ・ ・ ・

20161027_104-1.jpg

写真左側の自販機のところに
民家があった関係でしょうか
数 m の間だけ狭隘区間で
左右にガードレールがありました

なぜここが印象に
残っているかと言うと
この先国道168号線は
下の写真のように
狭隘区間が長く続く道でした

20161027_108.jpg

この区間の数 m が
まるでこれからの苦労を
知らせるための検問に思えたからです

でもそれも
もう昔の話です
今は立派なバイパス道路が
出来つつありますから

20161027_105.jpg

宗川野で五新線と交差して
国道は天辻の峠道にかかります

20161027_106.jpg

峠のトンネルを越えると
道の駅 吉野路大塔 があります

20161027_122.jpg

この道の駅で小休止します
約10分ほど
休憩をとったあとは
新宮を目指して旅を再開します

20161027_107 阪本

峠道を下れは五條市阪本です

ここから国道168号線は
狭隘区間が多くなります

そして
今回の楽しみの一つである
新しく開通したバイパス区間が ・ ・ ・

20161027_109 辻堂

辻堂バイパスの始まりです
写真のトンネルが新しく開通した
新猿谷トンネルです
開通は平成28年3月です

20161027_110 辻堂

辻堂バイパスを快適に走行しています

20161027_111.jpg

バイパスの開通区間はここまで
この先の夢翔大橋までの区間は
平成30年3月頃に開通予定だそうです

20161027_112.jpg

辻堂の集落内の
狭隘路区間を走ります

18年前はこのような道路が
閉君、宇井、長殿、田長瀬などの
集落ごとにあり
車同士の対向に苦労しました
あまりにも狭く
車の対向に出会ったときは
絶叫してしまいます

20161027_113 閉君

閉君トンネル

この区間も辻堂バイパスです

20161027_114 閉君橋

新閉君橋

この区間が全通すれば
ずいぶんと走行が楽になります
2年後が楽しみですね

続いては
川津道路です

20161027_117.jpg

国王トンネルです

ここ国王トンネルから
高津トンネル間が
平成28年3月に開通しました

川津道路は
国王トンネルから
高津トンネルを越えて
丸瀬トンネルまでの道路です

今から6年前の平成22年に
先行して高津トンネルから
丸瀬トンネル間が開通しています

よって
前回訪れたときは
まだ旧道の狭隘区間を
走行していたことになります

この先
風屋までの区間に
新たに開通したバイパスはありませんが
国道168号線は線形は悪いものの
2車線の区間も多いので
車の対向等に苦労することはありません

あっ、そうそう

20161027_118 特急バス

川津道路を走行中に
奈良交通のバスとすれ違いました
八木新宮特急バスです
日本一長い距離を走る路線バスです

20131119_7455.jpg

そのバスの模型です
奈良交通から発売されました
そう言えば
奈良県まで買いに行きましたね

20161027_119 風屋

十津川村 風屋 です

その先の野尻から
道の駅 十津川郷 までは
国道168号線の改良区間です

20161027_121.jpg

道の駅 十津川郷

第二目的地に到着です
五條本陣交差点から
約1時間30分かかっています
ここで休憩します

20161027_013.jpg

柿の葉すし

道の駅の売店で昼食用の
柿の葉すしを買っていただきました

ちょっと長めの休憩を入れて
二つ目のお楽しみ区間へ

その模様は後編で


落款印000
13:00 R168・R169

五條新宮道路 in 2016 後編

2016/10/28
五條新宮道路が
無性に走りたくなったので
走ってきました

2016年の旅
後編です

20161027_121.jpg

道の駅 十津川郷

後編はここからスタート
この道の駅で昼食タイムを過ごし

いざ! 出発!

すぐにお楽しみが始まります
テンション上がりまくりです

20161027_201 十津川

十津川道路 小原出入口

平成23年9月に開通した
十津川道路です
旧国道は写真の交差点を
右折していきます

旧国道は
折立までの区間がとても狭く
対向車が大型車両だと
絶叫してしまうほどの
狭隘区間が続いてました

その区間が
小原出入口より大津呂トンネル
滝高架橋と今戸トンネルで
一気に折立に到着します

20161027_202 折立

十津川道路 折立出入口

この快感
あの絶叫狭隘区間を知る人は
共感してもらえるかな

折立から先については
現在延伸工事中で
十津川道路 豆市トンネルを
建設中です

20161027_203.jpg

工事中のため迂回路が出来てます
ここが豆市出入口になるのでしょうか

十津川温泉の町並みを抜けて
いよいよ果無(はてなし)越えです
国道は2車線ですが
くねくねと曲がっているので
運転に注意しなければなりません

十津川村七色で
十津川道路の一部である
七色高架橋を走ります

20080514_2369.jpg

七色高架橋

国道168号線のバイパス道路
七色高架橋 ( 十津川道路 ) は
このまま和歌山県の本宮道路に
接続しています

七色高架橋を渡り終わると
トンネルが見えてきます

後編では
二つ目のお楽しみ区間となります

20161027_204 土河屋

土河屋トンネルです

このトンネルで
奈良県から和歌山県に入ります
それと同じくして
国道168号線のバイパス道路
本宮道路となります

本宮道路は土河屋トンネルが
先行して開通していましたが
トンネル内壁に亀裂が見つかり
補修工事が終わる2014年12月まで
通行が出来ませんでした

20161027_205 補修

内壁が黒くなっているところが
補修工事の跡です

20161027_206 本宮道路

トンネルを出て直ぐの交差点です
ここまでが本宮道路の先行開通区間でしたが
トンネル内壁の亀裂により
七色高架橋からここまでが
2014年12月まで通行止め期間でした

この先が
2013年3月に開通した区間です

20161027_207.jpg

切畑第二大橋です

本宮道路は2つの橋とトンネルで
出来ています

快適な道で一気に
お楽しみ区間だったところを
を抜けてしまいました

ただ残念なことは
本宮道路が出来たために
道の駅 「奥熊野古道ほんぐう」 に
寄りづらくなってしまったことです

そして
最後のお楽しみ区間です

20161027_208 日足道路

日足 ( ひたり ) 道路です

日足道路は
田長トンネルと三津ノ高架橋からなる
バイパス道路です

写真の場所から
最後の開通区間である
三津ノ高架橋が始まります

20161027_209 日足高架橋

三津ノ高架橋を走ります

最後のお楽しみ区間を
走り終えたころ
道の駅 十津川郷 から
約1時間が経とうとしていたので
少し休憩します

20161027_210.jpg

道の駅 瀞狭街道・熊野川
10分ほど休憩しました

20161027_211.jpg

この後は
熊野川沿いの道を
最終目的地へ向けて
車を走らせます

20161027_215.jpg

越路道路 南桧杖橋

熊野川は左へ流れていきますが
道路はトンネルで山を越えていきます

20161027_212.jpg

新越路トンネルです

トンネルを抜けると
別世界です

20161027_213 五新町

新宮市内です
町名は五新町です
あの幻の鉄道 「 五新線 」 に
由来しているのかどうかは
わかりませんが ・ ・ ・

そして
車内では終着駅の到着と
その先への乗換案内が ・ ・ ・

すみません
またもや妄想です

20161027_214 橋本

新宮市 橋本交差点

最終目的地に到着しました
道の駅 十津川郷 から
約1時間10分
奈良県五条市本陣交差点からは
休憩時間を含めて
約3時間30分かかりました



落款印000
23:59 R168・R169

シン ・ 金魚日記 _ 07

2016/10/31
9月30日の水槽の水交換から
早1ヶ月がたちました

ということで
今日は水槽の水を交換します

現在
水槽で暮らす金魚ちゃんたちです

金魚 001

写真左より
更紗琉金 ・ 赤琉金

それでは
水槽の水替え作業開始 !
水槽の水を1/3入換えます

バケツに新しい水を用意して
カルキを中和する薬剤を入れて
しばらく室内においておきます

こうすることで
水槽の水温と
バケツの水温が
同じになります

水温がほぼ同じになったところで
ポンプで水槽から水をくみ出します
そのあと
バケツの水を水槽内に入れれば
交換作業は終了です

20161031_02.jpg

水交換後の水槽です

さてさて
今後の水槽内の
水質管理のために
pH値を測定しておきます

20161031_01.jpg

アースチェック液での測定
pH値 = 6.5 ~ 7.0

つづいては

20161031_001.jpg

テトラテスト試薬での測定
pH値 = 7.5 ~ 8.0

ちなみに
水を交換する前の水槽の pH値は

20161031_091.jpg

アースチェック液 pH値 = 7.0 ~ 7.5


水槽立ち上げから
まもなく2ヶ月になろうとしてますが
水槽内の水質は
ほぼ中性を保っているみたいです



落款印000



18:49 アクアリウム
 | HOME |