高見峠を目指して その2

2011/05/20
「高見峠を目指して」
 その2 アクセス編

今回はアクセス編として
高見峠のふもと
松阪市飯高町波瀬までの
ドライブリポートを!
途中の改良工事の様子を
中心に紹介します
(以下、松阪市飯高町を省略します)

自宅を出て
国道166号線へ向かいます

平日の通勤時間帯に
自宅を出発してしまったので
当たり前のことですが
通勤渋滞に巻き込まれてしまいました

市街地を抜けて
国道166号線に入り
快適なドライブが
始まりました

道の駅「飯高駅」を
9時30分に出発して
一路高見峠を目指します

20110519_9442.jpg

国道166号線です
写真は田引地区の
バイパス道路


三重県内の国道166号線は
いまだに狭小区間があります

その狭小区間は
田引地区内と
粟野地区から
富永地区を抜けて
七日市地区までの
区間となっています

それぞれの
一部区間においては
改良工事が行われています

改良工事は
旧道の道幅を
拡幅するのではなく
別ルートでバイパス道路を
建設していることが多いようです


道の駅を出発して
田引トンネルを越えて
最初の狭小区間である
田引地区に入りました

やがて道が
狭くなる所にやってくると

なんと!!!

20110519_9447.jpg

改良工事が終了しており
パイパス道路が完成していました

20110519_9449.jpg

こちらが旧道です
この先で
道が狭くなっておりました

20110519_9457.jpg

バイパス道路の終端部分です

20110519_9444.jpg

旧道との合流部分

この先
下粟野までの区間は
ひと足先に
バイパス道路が完成しています

下粟野地区の集落内は
旧道をそのままにして
集落を迂回するように
バイパス道路が作られています

が!!!

この先
櫛田川を渡る橋が狭く
また
対岸の集落内を走ることもあり
国道は再び狭小区間となります

しかし
ここでも
改良工事が開始されていました

20110519_9434.jpg

櫛田川を渡る立派な橋が
かけられていました

この先の
富永地区は
狭小区間のままで
改良工事をしている様子は
見受けられませんでした

宮本では
パイパス道路の架橋工事が
行われていました

20110519_9432.jpg

対岸の七日市の集落を
迂回するために櫛田川を渡ります

20110519_9334.jpg

狭小だった県道が
立派な2車線の道路に
改良されていました
近い将来
国道166号線になるのかも?

県道はこの先
櫛田川を渡りますが
橋の幅がとても狭い(車1台分)のため
お隣に立派な
国道用の橋が完成してました

20110519_9429.jpg

橋の前後の工事は
止まったままのようです

ここから
国道166号線は
2車線の立派な道になります

区間によって
道路の拡幅や
別ルートによるバイパスなどで
快適な道路に生まれ変わっています

しかしながら
カープはきついため
スピードに
注意しなければなりません

そうこうしているうちに
高見峠ふもとの
チェック地点に到着です

ここで
トイレ休憩をとって
いよいよ
旧道で高見峠越えに
向かいます

続きは次回の
アタック編で
紹介します
21:00 一人ドライブ