衝撃

2011/09/05
東日本大震災から
半年が過ぎようとしています

ニュースで流れる
大津波の映像
変わり果てた街の風景

大変なことになったと
見るたびに胸が痛みます

一刻も早い復興をと
願うばかりです


東北の悲惨な映像を見るたびに
気持ちが沈み
胸が痛みますが
東北は
あまりにも遠いところです

近畿地方に住んでいると
言葉は悪いですが
どこか心の中では
対岸の火事的な気持ちがあります

やはり
その地域に住んでいないのと
その地域に行ったことがないので
震災前の風景を知らないということがあり
衝撃を受ける感覚が弱いのかもしれません

なぜ今このようなことを
書いているかと言うと
今回の台風12号で
とてつもない衝撃を
受けたからです

今回の台風12号では
奈良県上北山村で
降り始めからの降水量が
2436mm
十津川村では
1358mmを記録しました

この記録的な雨で
和歌山県や奈良県で
土砂崩壊などの災害が
発生しました

熊野川流域では
熊野川の氾濫で
かなりの地区で
浸水があったようです

これら災害が
発生した場所

和歌山県新宮市
奈良県五条市・十津川村

いずれの地域も
よく訪れているところでした

そう!

特に
和歌山県新宮市は
白浜アドベンチャーワールドへ
行くために
1週間前に通ったばかりです

ニュースで
国道42号線熊野大橋での
熊野川の激流の映像を見て
1週間前に渡った橋が
水についている

あの橋が水をかぶっている

という驚き・衝撃は
普段の熊野川の風景を
知っているからこそのものだと
思います

熊野川の水位の上昇で
1週間前に走った
国道168号線のほとんどの
区間が水没しているようです

新宮市熊野川町日足地区
ドライブイン志古も
1階部分は水に浸かったようです

また
大規模な土砂崩壊があった
奈良県五條市大塔町宇井地区も
良く知っている場所です

以前
当ブログの
五新線・五條新宮道路道中記
の中で旧大塔村辻堂の先として
紹介している場所でもあります

また
発電所が完全に崩壊した
長殿地区
ここは道路が
特に狭い区間でもあり
変電所の建物も含めて
印象に残っている地区でも
あります

その変電所が変わり果てた
姿になってしまいました

電源開発の水路橋のある
野尻地区と風屋ダム
以前訪れたときに
写真を撮っています

その
写真を撮った場所の
野尻地区で
2軒の民家が
流されてしまいました

折立橋も流されてしまいました

初めて落橋した
折立橋の写真を見たときは
驚きました

あの橋が流された!と

あまりにも
知っている場所で
被害が出たので
その衝撃・驚きは
大きいものがあります

恐怖や危険を感じる感覚は
実際に災害や事故を
経験した人が一番強く
そのそばから離れるにつれて
感覚・感受性は弱くなっていくそうです

今回の台風では
このことを改めて
感じました
23:59 出来事