ちょっと不思議な?

2015/06/04
それほど大きく報道されていないけど・・・
ちょっと不思議な出来事が起こりました

ニュースやネットで
情報を集めているのだけれども
よく状況がわかりません・・・

今回の
名鉄の車両の電源喪失
そして
オーバーランしてポイント割り出し

20150604_901.jpg

図1 当時の列車の動き(ニュース記事より)

電車ってすべての電源落ちたら
非常制動かかると思ってたけど
違うのかな?

運転士が非常ブレーキをかけたが
所定の停車位置から
300mもオーバーランしたと記事にあったが
コレも不思議なことです

最初に非常ブレーキをかけてから
673mも進んでいる
コレも不思議・・・

通常の運転だった場合を考えても
岐南駅の線路配置と
列車が普通電車ということから
推測して
ホームに進入したときの速度は
駅手前のポイント制限により
時速35kmだと思う

所定の停止位置から
非常ブレーキが効いたとしても
非常ブレーキの減速率を
毎秒4km/hとすると
35 [km/h] ÷ 4 [km/h/s] = 8.75 [s] で
8.75秒後に速度が
「0」となり停車します
その時に走行した距離は
減速中なので三角形の面積となります
よって
時速×時間÷2=距離となります
計算すると
35 [km/h] × (8.75÷60÷60) [h] ÷ 2 = 0.0425 [km]
約43m進んで止まることになります
よって300mも進むって信じられません

また
図1の列車の動き
およびニュース記事より
①非常ブレーキ作動位置が正しいとして
列車の制動距離を計算してみると・・・

最初の普通列車の速度が不明なので
仮に時速100kmだったとして
非常ブレーキの減速率を
毎秒4km/hで計算すると
100 [km/h] ÷ 4 [km/h/s] = 25 [s]
100 [km/h] × (25÷60÷60) [h] ÷ 2 = 0.3472 [km]
約347m進んで止まります
つまり
所定停車位置付近で止まれるはすなんです・・・

信じられない!
っていううか
考えられない?
何が起こったのか分からない!


信じられない事故と言えば
2週間ほど前にも
JR長崎線で
通過予定の特急列車が
退避線に入ってしまい
緊急停止してたっけ・・・

落款印000
22:25 出来事