五新線・五條新宮道路

2008/05/14
幻の線路

五新線

奈良県五條市と和歌山県新宮市を
結ぶ計画だった国鉄の鉄路で

未成線

です。

goshi_02.jpg

写真は平成9年3月に撮影した
五条市内に残る五新線の高架橋です

五新線の歴史は
1939年に線路の建設工事が
奈良県側で開始されました
1957年には五条~城戸間の
路盤が完成しています。
引き続き線路の建設工事は
城戸~阪本間で進められましたが
国鉄再建法施行により
1982年に工事が凍結されました。

現在は
五条~城戸間がバス専用道として
天辻峠を越える大塔天辻トンネルは
宇宙の謎を解明するための研究施設
「大阪大学大塔コスモ観測所」になっています。


平成9年3月に訪れた時の
五新線の写真です

goshin_03.jpg

写真はバス専用道路です


写真からすれば単なる
道路の交差点ですが
本来なら踏切となったところです
そのことを主張するかのごとく
踏切の遮断機が設置してありましたが
なぜか
遮断するのはバス専用道(線路)側になっていました

goshin_04.jpg

バス路線の終点 城戸です

goshin_08.jpg

列車ならぬバスが発車を待っています

本来ならここに
鉄道の駅である城戸駅が
出来ていました

この先の城戸~坂本間は
線路の路盤が完成した状態で
放置されています

goshin_09.jpg


goshin_10.jpg

宗川野の鉄橋です

手前の赤い橋は国道168号線です
これより国道は天辻越えに挑みます

五新線はこの天辻峠を
ループトンネルと天辻トンネルで
越える計画だったそうです
ループトンネルは建設されなかったようですが
天辻トンネル(5039m)は完成しています

goshin_06.jpg

五條側のトンネル入口です

goshin_07.jpg

新宮側のトンネル入り口です

こちら側は現在研究施設の
入口となっています

五新線の建設工事は
ここまででこの先
新宮までは幻の鉄道です


この鉄路・五新線に代わる唯一の交通機関が
奈良交通のバス路線

八木新宮線
「本宮いでゆライン」


です。

近鉄の大和八木駅から
五條市の五條バスセンターを経て
国道168号線で十津川村を通り抜け
新宮市に達する紀伊半島を縦断するバス路線です。

全区間の所要時間は6時間以上で
一般道を走るバス路線としては
全国でも屈指の走行時間と距離を誇っています。

このバス路線に乗ったことはありませんが
幻の鉄道・五新線を思い国道168号線を
マイカーで五條市から新宮市まで
走り抜けたことがあります。

前回の走行から約10年の歳月がたち
国道168号線の改良工事も進んで
各所で国道のバイバス道路である

地域高規格道路
五條新宮道路


が建設され一部区間ではありますが
開通しています。

この五條新宮道路
私は幻の鉄道・五新線が
現代によみがえったような
気がしてなりません。

なんだか無性に走りたくなり
4月末頃から計画を立ててきました

そして
今日14日
計画を実行してきました。

その模様は
つづきの道中記で報告します
23:59 R168・R169