月日がたつのは・・・ その2

2010/02/20
早いもので


あれから一か月が
たちました

(写真はレゴを使った再現イメージです)


自衛隊生活体験入隊2日目

起床時間は
0600
マルロクマルマル

0605点呼
屋外の廊下に整列して点呼を受けます
今日もかなり寒い!

前日に配られた菓子パン2個と牛乳で
朝食を済ませて朝の身支度を整えます

この時間帯は
ごみの収集が行われており
駐屯地各地から
人力多目的装輪輸送車(リヤカー)が
外来宿舎の近くにある
ごみステーションに集まっていました

現役で活躍するリヤカーには
少し感動?驚きを覚えました

今日の日程は
0745に駐屯地を出て山(演習地)へ
そこで20kmの徒歩行進訓練を受けます

集合時間になり
宿舎前の前庭に班別に縦隊で集合します

5503.jpg

中隊長からの状況説明(訓練内容)を受けた後
先任助教の号令のもと各班ごとに移動して
3トン半トラック2台に分乗し山へ移動します
幌を閉めると薄暗くなりました

前日に渡された
(ベットに置いてあった)
オーデー色の鉄帽(プラスチック製)
通称うそっぱちをかぶります
車内事故防止のためだそうです


駐屯地から
ジープ1台・3トン半2台・アンビ1台の
車列を組んで山を目指して走ります

約20分間
トラックに揺られて山に到着
準備体操ともう一度状況説明を聴いて

0830状況はじめ

1班を先頭に4つの班が1列ならんで行進します
各班ごとに間隔をあけて歩きます

歩いているときは気がつきませんでしたが
一番後ろからはジープがついてきます
安全車というそうです

この安全車の存在については
この後に自分の身に起きたある出来事で知りました

5489.jpg

20kmのコースは
演習場内の道を8の字に5周するコースです
45分歩いて15分休憩の行程を
6工程実施するとのことでした

2行程が終了した時点で
日ごろの運動不足がたたり
右ひざを痛めてしまい
歩くことが困難に!

早くも戦線離脱することになりました
情けない!

後ろの安全車に乗せてもらい
アンビまで搬送してもらいます
アンビでシップをしてもらい
そのままアンビで待機の命令がでました

しかし
アンビは待機中は
車のエンジンを切っているので
暖房が使えないらしく
アンビで待機している隊員は
かなり寒いですと話していました

膝を冷やさないためにも
暖房のきくジープに
乗っていたほうがよいということで
そのまま先任助教の運転する安全車に
乗っていることになりました

そうこうしているうちに
みんなが目の前を
歩いて通過していきました

安全車に乗りみんなのあとを
ついていきます

5490.jpg

お昼の大休憩となり
お昼御飯です

お昼はレトルトの
テキサスピラフ(カレーピラフ)と
ひとくちウインナーソーセージ

渡されたレトルト食品は
人肌ぐらいに温められていました

そういえば
特別サービスということで
ぱっかんにお湯を張り
レトルトを温めておきますと
朝の説明で話していましたっけ

温められたお昼御飯を
なぜか?みんなと隔離?されて

(故障者を見ると士気が下がるから?)
(歩くのが困難だったから気遣ってくれていた?)
(寒いのと地面に直接座って食べることから膝に悪影響?)

いろいろな理由から
ジープの中で先任助教と頂きました

演習中に温かいレトルトを
食べることはまずないらしく
冷たいまま食べているそうで
冬場には時には凍っていて
割り箸が刺さらず折れることもあるそうです
こんな話が聞けたことは
けがの功名かな

午後からは2工程を実施です
お昼前から山にはたくさんの
自衛隊の方々が訓練をしていました
ジャー戦と呼ばれる姿をした方も
がんばって走っていました

聞けばもうすぐ競技会があるので
練習をしているのだそうです

1430状況おわり

整理体操、休憩を取ったのち
みんなは3トン半2台に分乗して
駐屯地へ戻ります


その後は体のケアをするということで
夕食まで自由時間となりました

膝を痛めたため
食堂・浴場までの行き帰りの
縦隊行動はつらかったです

5510.jpg

消灯時間は
早目に体を休めるということで
2200点呼・消灯
となり1時間早めの消灯時刻となりました


3日目
0600起床
0605点呼
身支度を済ませて
0800からベットの床上げをします
助教より毛布の畳み方を教わりました
バームクーヘンと呼ばれる
毛布の畳み方でベットを片付けました

その後は室内で講義を受け
感想文を書いた後
最後の官品飯を食堂で頂いて
1430生活体験入隊終了式となり
2泊3日の生活体験入隊が終了しました
12:49 仕事