タイムスリップ

2018/07/12
嫁さんが休みだったので
お出かけしてきました

voxy.jpg

行先はこちらです

20180712_069.jpg

東海道五十三次 47番目の宿場町
旧東海道の面影を残す関宿です

上の写真は
眺関亭から見た町並みです

20180712_031.jpg

関宿の町並みは
東の追分から西の追分まで
約1.8 km の街道沿いに
200軒の古い町並みが残っています

それでは
東の追分から
西の追分へ向いて
紹介します

20180712_102.jpg

東の追分

関宿の東の入り口です
東海道と伊勢別街道の分岐点です
鳥居は伊勢神宮の式年遷宮の際に
古い鳥居を移すのが習わしになっています

20180712_096_kosaki.jpg

木崎 ( こさき ) の町並み

東側に位置する町並みで
平屋または中二階の町屋が並びます

20180712_090.jpg

御馳走場跡

御馳走場 ( ごちそうば ) は
関宿に出入りする大名行列の一行を
出迎えたり見送ったりしたところです
写真は中町の東端にあった
御馳走場跡です

20180712_092_kaiun.jpg
開雲楼

御馳走場跡の向かいにある
開雲楼 ( 写真 : 右側の建物 ) です
関宿を代表する芸妓置でした
表の竪繁格子や弁柄塗りの鴨居や柱
こった意匠の二階の手摺や格子窓などに
その面影を残しています。

20180712_157.jpg

中町の町並み

関宿の中心で本陣 ・ 脇本陣など
主だった旅籠があったところです
木崎や新所と比べて
華やかな町並みが続きます

20180712_138_tsuruya.jpg

鶴屋

玉屋 ・ 会津屋とともに
関宿を代表する旅籠のひとつ
江戸時代の終わりごろは
脇本陣もつとめました
装飾の千鳥破風がその格式を
示しています

20180712_142_itohonjin.jpg

伊藤本陣跡

関宿にあった
二軒の本陣のうちのひとつが
この伊藤本陣です
もう一軒は川北本陣です
本陣は大名や公家などが利用した
格式の高い宿泊施設です

20180712_064_tamaya.jpg

玉屋

「 関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か 」
と言われたほどの関宿を代表する大旅籠のひとつ
現在は資料館となっています
そして玉屋のお隣は

20180712_060.jpg

高札場です
奥の建物は郵便局です

20180712_062.jpg

深川屋

関を代表する銘菓 「 関の戸 」 の深川屋です
創業370年余の餅菓子店です

20180712_052_jizoin.jpg

地蔵院

「 関の地蔵に振袖着せて、奈良の大仏婿に取ろ 」
の俗謡で有名な関地蔵院です
境内の本堂 ・ 鐘楼 ・ 愛染堂の三棟が
重要文化財に指定されています

20180712_050.jpg

地蔵院の門前の町並み
この中に会津屋があります

20180712_051_aizuya.jpg

旅籠の会津屋です
現在は飲食店になっています
もとは山田屋といい
鈴鹿馬子唄に登場する
関の小万が生まれ育ったことで
知られています

20180712_043_shinjo.jpg

新所の町並み

関宿の西側に位置しています
地蔵院の門前から西の追分までが
新所 ( しんじょ ) の町並みです

以上
関宿を訪ねて
江戸時代にタイムスリップ?
を楽しんできました

実際に歩いた順番は
紹介した順ではありません

車を観光駐車場に停めて
地蔵院から新所へ
新所から木崎へ
そして地蔵院へ戻り
駐車場へ戻っています

この後は
津市高野尾町にあるこちらへ

20180712_722.jpg

高野尾花街道 朝津味 ( あさつみ )
2016年7月2日にオープンした
農産物直売所です

20180712_507.jpg

その中にあるフードコートで
お昼を食べてきました

20180712_725.jpg

からあげ定食

ボリュームもあり
美味しかったです



落款印000
23:59 家族でお出かけ
« Prev | HOME | Next »